転んでもただでは。

うつ病さんのブログです。闘病生活や、これまでの病気の経過、これからの展望などを綴ります。

うつ病さんのイラストブログです。

うつ病は治らない?そう思ってしまう人に伝えたいこと

f:id:meisougirl:20170610010450p:plain

私のうつ病は治らない!

誰がなんと言おうが、治らない~~~!

そう思ってしまうこと、ありますよね。

私も何度もありました。

 

たとえば、こんな時期です。

 

急性期の一番辛い時期

毎日辛さのどん底にあったこの時期。

動けない、涙ばかり出る。

希死念慮も湧いてくる。

普通に生活できていたころが思い出せなくて、希望も持てなくて、明るい展望が抱けない。

ずっとこのままの状況が続くような気がしてしまっていました。

 

回復期の波の中にある時期

長い長い鬱のトンネル。

やっと光が見えてきたと思えたら、また暗闇に戻ってしまったとき。

抜け出せるかもしれないという期待があった分、落ち込みも激しくて、がっくりしてしまいます。

私もこの時期を何度も経験してきました。

もう私の鬱は治らないのでは、と何度も思ってきました。

 

 

心の支えになった言葉

でも、主治医の先生や、身近な専門家の方や、うつ病を乗り越えてきた人たちは、

「必ず治るよ」

と、いつも言ってくれました。

 

あまりに長いこと辛い時期が続いたので、苦しくて苦しくて、ひねくれた気持ちになって、

「(立場上)そう言わなきゃいけないから言ってるんじゃないの?ただの気休めなんじゃないの?」

と返答したこともあります。

 

それでも、私の周囲の人たちは、

「うつ病は必ず治る病気だよ」

と優しく諭してくれました。

 

ずいぶん長くかかりましたが、私はやっとこの言葉が真実味をもって響くようになってきました。

 

うつ病は、適切に治療を続ければ、きっと治ります。

治らないかも、と思ってしまう時期があってもいいのです。

そんなときは、

「ああ、今はそう思ってしまう時期なんだ。でも、必ず治るらしいから、ただの思い込みの時期なんだ」

と思って、やり過ごしましょう。

 

 

まとめ

  • 急性期の辛い時期や、回復期の鬱の波の中にあるとき、「私のうつ病は治らないのでは?」と思ってしまうことはある。
  • それでも、うつ病は必ず治る!

 

必ず治ると信じる気持ちも大切です。

それによって、治療への積極性も増すからです。

前向きな姿勢があると、いろいろな治療法を試すことができます。

 

うつ病は必ず治るという意識が頭の片隅にでもあれば、辛い時期もなんとか乗り越えられるはずです。

正直なところ、私は今鬱の波の悪い時期にあります。

調子の良い時期が続いていたので、その振り幅に翻弄されてもいます。

それでも、少し俯瞰的に自分を省みれば、徐々に回復してきているのを感じます。

 

ときに、投げやりになる時期があってもいい。

治らないのでは、と思ってしまう時期があってもいい。

でも、完全に希望を捨てることだけは、しないでください。

ほんの少しだけでも、「いつか乗り越えられる」という考えがあるだけで、気持ちはだいぶ楽になるでしょう。

 

 

辛い気持ちを抱いている方。

よろしければ、下記の無料メール相談をご活用ください。

誰かに吐き出すだけでも、気持ちは変わってくるかもしれません。

 

www.yukidoke.net

 

 ↓ポチッとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村