転んでもただでは。

うつ病さんのブログです。闘病生活や、これまでの病気の経過、これからの展望などを綴ります。

うつ病さんのイラストブログです。

メッター・バーバナー(慈悲の瞑想)で穏やかな心を取り戻そう

f:id:meisougirl:20170504234407p:plain

ヨガをしていて、なんだかとても幸せな気分になりました。

私は、私のままで幸せ、と思えました。

うつ病になってから、自己否定ばかりしてきたので、そう思えたことに驚きました。

こんな穏やかな気分になったのは本当に久しぶりです。

 

ヨガの先生が、最後に、

「今日、みなさんと一緒にヨガができたことに感謝します。

 一緒にヨガをしたクラスの仲間たちにも感謝しましょう。

 これからのみなさんの1日も、幸せなものとなりますように。」

とおっしゃって、私も温かい気分になりました。

 

そして、「慈悲の瞑想」という瞑想方法を思い出しました。

パーリ語では、「メッター・バーバナー」と言います。

メッターは「愛、慈悲」、バーバナーは「育てる、育む」という意味だそうです。

 

慈悲の瞑想

この瞑想法は、少し特殊で、「祈り」を行います。

姿勢は、いわゆる瞑想の座り方でなくとも良く、楽な姿勢で構いません。

自分の幸せ、身近な人たちの幸せ、生きとし生けるものの幸せを祈ります。

 

心の中で、このように唱えます。

 

  • 私が幸せでありますように
  • 私の悩み苦しみがなくなりますように
  • 私の願いごとが叶えられますように
  • 私に悟りの光が訪れますように
  • 私が幸せでありますように(3回繰り返す)

 

  • 私の親しい人々が幸せでありますように
  • 私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように
  • 私の親しい人々の願いごとが叶えられますように
  • 私の親しい人々に悟りの光が訪れますように
  • 私の親しい人々が幸せでありますように(3回繰り返す)

 

  • 生きとし生けるものが幸せでありますように
  • 生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
  • 生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように
  • 生きとし生けるものに悟りの光が訪れますように
  • 生きとし生けるものが幸せでありますように(3回繰り返す)

 

多少表現が違うかも知れませんが、私はヴィパッサナー瞑想のコースで、このメッター・バーバナーを習いました。

唱えているうちに、心が穏やかになります。

 

まず、自分の幸せを祈るというところがいいですね。

うつ病さんは、自分をないがしろにしたり、いじめてしまっていることも多いです。

そんな自分をそっと包んで、幸せを祈ります。

 

そして、近しい人々の幸せを祈ります。

具体的に大切な誰かを思い描くとなお良いでしょう。

 

最後に、すべての生命に対して慈悲の気持ちを抱いて念じます。

優しい気持ちが自分を中心にどんどん広がっていくイメージです。

 

 

心が安定している場合は、さらに続けて祈ります。

 

  • 私の嫌いな人々も幸せでありますように
  • 私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように
  • 私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように
  • 私の嫌いな人々に悟りの光が訪れますように

 

  • 私を嫌っている人々も幸せでありますように
  • 私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように
  • 私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように
  • 私を嫌っている人々に悟りの光が訪れますように

 

  • 生きとし生けるものが幸せでありますように(3回繰り返す)

 

心がざわついてしまう場合は、こちらは省略してもいいと思います。

私は、負の感情に巻き込まれてしまいそうなときは、後半は唱えないようにしています。

でも、落ち着いた心で唱えられると、慈悲の心がより深まります。

 

おわりに

慈悲の瞑想は、瞑想でありながら、愛にフォーカスする行為です。

やっているうちに、優しい気持ちに包まれます。

うつ病で苦しんでいる方々も、続けているうちに、穏やかさを取り戻せるかもしれません。

もしよかったら、思い出したときに、ぜひやってみてください。

 ↓ポチッとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村