読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転んでもただでは。

うつ病さんのブログです。闘病生活や、これまでの病気の経過、これからの展望などを綴ります。

うつ病さんのイラストブログです。

「うつヌケ」レビュー②~うつ病を治す方法(中編)

f:id:meisougirl:20170429230441p:plain

田中圭一著「うつヌケ」という本のレビューです。

「うつヌケ」レビュー①~うつ病になる原因とは?&うつ病を治す方法(前編)の続きです。

www.yukidoke.net

 

前回の記事では、うつ病を治す方法として、「朝起き抜けにアファメーションをする(肯定的な言葉を自分になげかける)」というものをご紹介しました。

 

「うつヌケ」では、その他にも各所でうつ病を治す方法について触れられています。

今日は、そのお話と、私の思うところを述べていきたいと思います。

 

うつ病を治す方法(中編)

人から必要とされ、自信を取り戻すこと

本書では、「うつヌケあるある」として、

周囲の人から必要とされその責務を果たすことでトンネルの出口が見えてくる

 と述べられています。

 

「人から必要とされ、自信を取り戻すこと」は、うつ病の特効薬とのことです。

自分が社会から必要とされていることが実感できれば、自分を肯定できるようになるということですね。

 

これは、ある程度鬱状態から抜け出した人に当てはまることだと思います。

鬱の症状が重い時期は、「周囲の期待」を意識してがんばろうとしすぎてしまうと、悪化してしまうことになりかねません。

 

「責務を果たす」ことに躍起になって、自分の体調が見えなくなったり、心の声が聞こえなくなったりしてしまうことも「うつ病あるある」でしょう。

少し、注意が必要な箇所だな、と思いました。

 

本書では、ポイントとして、

自分を否定するものからは遠ざかり

自分を肯定してくれるものに近づく 

 ことを挙げています。

これも、一概に言うことは難しいな、と感じました。

 

うつ病の原因になってしまったきつい仕事などから遠ざかるのは納得ですが、好きな仕事でも、プレッシャーになってしまうことはありますよね。

そんなときは、いくら「自分を肯定してくれるもの」であったとしても、一旦距離を置いたり休んだりすることが必要なのではないかな、と思います。

 

私自身、仕事は好きでした。

天職だと思っていたし、自分を肯定してくれるものでもあったと思います。

それでも、うつ病になってしまいました・・・。

 

また、仕事には、いろいろな面があります。

好きな面もあるし、嫌いな面もある。

楽しい面もあるし、きつい面もある。

自分を肯定してくれる面もあれば、うまくいかなくて否定する面もある。

 

線引きするのは、容易なことではありません。

本当はいいとこ取りをしたいけれど、そうもいきません。

 

うつヌケのために、仕事から離れるか、近づくかを判断するのは、簡単ではありません。

相談すべきは、(病状を診てくれる)主治医、(環境を整えてくれるかもしれない)勤務先、そして何より自分の心です。

 

離れるべきか、近づくべきか。

ベストな答えを出すのは難しいですが、個人的には、よく考えた後、最後は「えいやっ」なのかな、と思っています。

もちろん慎重に判断することは大切だけれど、石橋を叩き壊すこともしたくありません。

実際問題、やってみないとわからないことって、たくさんありますよね。

 

また、本書では、上記に関連して、

「自分を肯定してくれるものがない人は、小さな達成感を得られるものを見つけよう」という趣旨のことも述べられています。

趣味とか、自然に触れることとか、ペットを飼育することとか、何でもいいそうです。

 

それは確かに大事な視点かもしれませんが、自分のことを「肯定してくれるものがない人」ってとらえるの、結構「ハートの強さ」要りません?!

私はそう自己認識するだけで、落ち込んでしまいそうです。

 

「自分を肯定してくれるもの探し」は、諸刃の剣だな、と感じました。

「自分を肯定してくれるもの、探したけどなかったから、趣味に打ち込もう♪」

っていう気分には到底なれないような・・・。

 

 まずは、「自分の好きなこと、得意なこと」を探していく方が、うつ病さんにはマイルドでいいのではないかな、と思いました。

 

「肯定してくれるもの」が自分の外にあるのに対し、「好きなこと、得意なこと」は自分の中にあるものです。

 

外に何かを求める「冒険」は、うつ病がある程度良くなってきてから繰り出した方がよさそうかな、と個人的には思いました。

 

レビュー②のまとめ

うつ病を治す方法のひとつに、「人から必要とされ、自信を取り戻すこと」がある。

(ただし、これはある程度回復傾向にある人に言えることかな、と思います。←私個人の意見です。)

 

 

次回は、「うつヌケ」レビュー③~うつ病を治す方法(後編)をお送りします。

 

www.yukidoke.net

 

お付き合いいただけると、とても嬉しいです。

 ↓ポチッとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村