読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転んでもただでは。

うつ病さんのブログです。闘病生活や、これまでの病気の経過、これからの展望などを綴ります。

うつ病さんのイラストブログです。

報われない経験がうつ病を引き起こす? 「学習性無力感」について

f:id:meisougirl:20170420235742p:plain

がんばってもがんばっても報われなくて、その結果自分はダメだと思い込んでしまい、無気力になってしまう。

そういううつ病さんって、とても多いと思います。

それは、もしかしたら「学習性無力感」かもしれません。

 

学習性無力感とは

学習性無力感という言葉を聞いたことがありますか?

アメリカの心理学者マーティン・セリグマンによって1967年に提唱されたものです。

 

この実験では、犬が使われました。

犬に、不快な電撃を流します。

ある群の犬たちは、「頭を動かす」という行動を取ればそれを回避できるようにします。

一方で、別の群の犬たちは、どんな行動を取っても電撃を食らってしまう状況にします。

すると、回避できない群の犬たちは、自分が何をやっても無駄だという「学習」をしてしまいます。

電撃から逃げられる環境下におかれても、逃げだそうとしなくなってしまうのです。

なんだか、とても可哀想な実験ですね。

 

このように、報われない経験の積み重ねが無気力を引き起こすことがあります。

これを、学習性無力感といいます。

 

学習性無力感とうつ病

この理論は、うつ病でも用いられることがあります。

不快な刺激(ストレス)を与え続けられ、それを解決しようというがんばりが無駄に終わるという経験を積むと、自分が何をしても無駄だと思うようになってしまいます。

そこから自力で逃げ出そうという気力が失われてしまうのです。

 

振り返ると、私もそんな感じだったな、と思います。

劣悪な環境を回避するために、様々な形で努力しました。

でも、それが徒労に終わるという経験を積み重ねるうちに、すっかり無気力になってしまいました。

 

学習性無力感から抜け出すためには

この学習性無力感から抜け出すには、認知行動療法が用いられることが多いです。

認知のあり方(もののとらえ方)を変えていくやり方ですね。

無力だと思い込んだ自分のイメージを書き換えます。

自分にもできると再学習するのです。

自分の考えを書き出してみたり、専門家と話し合ってみたりする方法があります。

その中で、自分がどんな考えに陥ってしまっているか気づき、そこから抜け出してどんな健全なとらえ方ができるかを探っていきます。

自己肯定ができたときは、いくぶん気持ちが楽になるでしょう。

その感覚の積み重ねは、自分を「無力」な存在(という決めつけ)から「効力」のある存在(という自信)に導いてくれるはずです。

 

日記を書いたりワークに取り組んだりするのがまだつらいという方もいると思います。

そんな場合は、その前段階として、自分がどのような状況になっているのか把握するだけでもいいと思います。

たとえば、こういう経験から学習性無力感に陥っていたな、と気づく。

それだけでも、大きな一歩です。

自分が鬱になってしまったメカニズム(の一部)を理解すれば、それを解決する手がかりが見えてくるでしょう。

立ち直りの道しるべになるし、治療方針も立てやすくなります。

 

まとめ

  • 学習性無力感とは、自分ではどうしようもない不快な刺激を受け続けたときに陥ってしまう無気力な状態であり、鬱状態を引き起こすと言われている。
  • それを解決するために、認知行動療法が用いられる。
  • それもつらいときは、自分の状況を振り返ってみるだけでも良い。

 

鬱状態になってしまったとき、この学習性無力感という概念を思い出してみてください。

あなたの本来ある価値が、不適切な「学習」によって、一時的に見えなくなってしまっているだけかもしれません。

 ↓ポチッとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村