転んでもただでは。

うつ病さんのブログです。闘病生活や、これまでの病気の経過、これからの展望などを綴ります。

うつ病さんのイラストブログです。

あなたは当てはまる? うつ病になりやすい性格

f:id:meisougirl:20170415223052p:plain

うつ病になりやすい性格に関する話って、よく聞きます。

よく聞き過ぎて、それが真実みたいに思えていたけれど、自分がうつ病になってみて、また他のうつ病の人の話もよく聞くようになって、本当に「うつ病になりやすい性格」なんてあるのかな?と思えてきました。

 

今日は、うつ病と病前性格についてです。

 

うつ病の病前性格

精神疾患になる前の性格には、共通する特徴があると言われていて、その性格のことを病前性格といいます。

こんな人がこういう心の病気になりやすいよーということですね。

 

循環気質

ドイツの精神科医クレッチマー先生が提唱したもので、躁うつ病になりやすい性格が、「循環気質」です。

基本的には社交的で温和なんだけれど、時に気分爽快で活動的、時に憂鬱で優柔不断になる。

ふたつの気分を揺れ動く(循環する)性格です。

親切で八方美人なところもある性格なので、板挟みになってしまい落ち込むことがあるのは、なんだか納得ですね。

自身の浮き沈みの激しさに疲弊してしまうこともありそうです。

 

執着気質

その後、躁うつ病になりやすい性格として、下田光造先生が提唱した「執着気質」というものが挙げられるようになりました。

なんかストーカーみたいなおどろおどろしい名前の性格ですが、そういうものではありません。

仕事熱心で、正直で、サボったりズルしたりできない性格です。

がんばりやさんなので、疲れてパフォーマンスが落ちても従前のそれを維持しようとします。

疲弊してますますパフォーマンスが落ちますが、それでもがんばろうと奮起するので、悪循環になりやすいところもあります。

自分を犠牲にしてまで働く猛烈サラリーマンみたいなイメージですね。

 

メランコリー親和型

その後、ドイツの精神科医テレンバッハ先生の提唱した「メランコリー親和型」がうつ病の病前性格として有名になりました。

メランコリーは憂鬱という意味。

それに親和するって、そのままの名前ですね。

真面目で、几帳面で、責任感が強い性格です。

上の執着気質と似ていますね。

秩序を大切にし、他人に合わせようとする面もあります。

空気を読んで、和を重んじる。

なんだか、非常に日本人的な感じがしますね。

 

性格は特に関係ない?

現在は、特定の性格と、うつ病のなりやすさには、相関関係はないという説もあるそうです。

言ってみれば、どんな性格の人でも、うつ病になりうるということですね。

 

うつ病になりやすい人というと、生真面目とか、頑張り屋さんとかいうイメージがありますが、私は実感的には、「なりやすい性格なんてない」というこの最後の説が一番しっくりきます。

私の周りにも、うつ病になったことのある人はたくさんいますが、タイプや性格は本当に多種多様で、共通点を見つけるのが難しいくらいです。

 

おわりに

ちなみに私は敢えて言うなら自分ではメランコリー親和型だと思っていますが、周囲からはそう思われていないみたいです。

あっけらかんとしていて、おおらかに見えるようで、「大勢いる同期の中で一番うつ病とかになりにくい人」と言われたこともあります。

だからこそ、自分がうつ病になってしまったことを余計に恥じてしまうのかも知れません。

「ぽくない」私が、なんでうつ病に? って。

 

自分の性格を分類してみることは、良い点もあると思います。

自分にどんな傾向があって、どう変えていけば楽になるかがわかりやすくなるから。

真面目でがんばりすぎる性格が自分を苦しめていると気づけば、ちょっと心を緩める方向修正ができるかもしれません。

 

ただ実際、性格なんて、目に見えるものじゃないし、状況によって変わりうるし、「こうだ!」と定めにくいものですよね。

自分で思う自分の性格と、人に見られる性格だって、結構違ったりします。

 

いろんな説があるけれど、私は私。

参考にできるところは参考にし、修正すべきところは修正しつつも、あまりこだわらずに、自分の性格とつきあっていきたいと思います。

 ↓ポチッとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村