読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転んでもただでは。

うつ病さんのブログです。闘病生活や、これまでの病気の経過、これからの展望などを綴ります。

うつ病さんのイラストブログです。

春なのに気分が落ちる? それって「春うつ」かも・・・。

f:id:meisougirl:20170404213404p:plain

今日はなんだか気分が乗らなくて、何もしたくない1日でした。

一応、8時半に起きたものの、その後もソファでごろごろ、うとうと・・・。

せっかく少し暖かくなってきたのに、元気が出ない。やる気が出ない。

ブログを書くのさえおっくうな気分。

それでいて焦る気持ちもある。

以前よりは不安感などは減ったけれど、まだまだ引いては返す鬱の波の中にいるようです。

あ~~~、だれかなんとかして~~~。(他力本願)

 

前の3つのエントリーは予約投稿だったので、今日が4月になってから初めて書くブログです。

私は早くも「春うつ」になってしまったのでしょうか。

そんな私が、今日は季節と鬱の関係について、考えてみたいと思います。

 

季節性感情障害(SAD)って?

一般的に、冬に、鬱は悪くなりがちだと言われています。

太陽の光を浴びることで、精神を安定させるセロトニンが出るのだけれど、冬は日照時間が短くなるためセロトニンも減ってしまうからだそうです。

秋から冬にかけて気分が落ち込んで鬱状態になってしまう障害を、季節性感情障害(SAD)といいます。

Seasonal Affective Disorder、略してSAD・・・(;_;)

いかにも悲しい感じが醸し出される略語ですね。

また、冬は寒くて体が縮こまりがちなのも、鬱な気分を悪化させそうです。

私の鬱は、冬に限ったものではありませんでしたが、冬期はより気分がふさぎ込みがちだったような気がします。

日照時間、大事!

お日様に感謝!

 

春のうつ病

f:id:meisougirl:20170404213814p:plain

では、春は?

寒い時期を終え、ぽかぽか陽気がやってきて、日照時間も少しずつ長くなる。

外に出る気分になる人も多いような気がします。

こんな時期に鬱になるなんて、ちょっと不思議ですね。

でも、それにはそれなりの理由があるようです。

 

新年度の環境変化

春は、環境の変化が多い時期です。

進学、入社、異動や、それに伴う引っ越し、人間関係の変化など。

わくわくすることに感じる人もいるかもしれませんが、知らず知らずにうちにストレスになっていることも多いでしょう。

「5月病」なんていう言葉もありますね。

 

私も、4月を節目の時期と考えているところがあって、社会復帰を考えていました。

結局主治医の許可が下りずダメでしたが、心のどこかで、

「ああ、新しい年度が始まるな~。また置いて行かれちゃう・・・」

と感じているところがあります。

人生は競争じゃないんだから、何に置いて行かれるということもないのに。

良い季節を味わって、ゆっくり休めばいいのに・・・。

染みついた考えを変えるのは、なかなか難しいです。

 

季節の変わり目

それから、春先は、寒暖差の大きい時期です。

朝晩は冷え込むのに、日中は暖かくて、自律神経が乱れがちになります。

私も、朝晩の冷え込みにやられています。

今朝も、寒いよ~寒いよ~と言いながら、ブランケットにくるまっていました。

今日は暖かいという天気予報を信じて、少し薄着で外出してしまったのも良くなかったかもしれません。

外は、パステルカラーのカーディガンやスプリングコートなど、春らしい格好の人であふれていましたが、寒がりの私にはまだ防寒対策が必要みたいです。

 

まとめ

季節にも敏感に反応してしまいがちなうつ病ですが、それでもできることはあると思います。

秋冬はできるだけ暖かい格好をする、カイロを持ち歩く、できる限りお日様に当たる!

春夏は、寒暖差があるので(夏でも、エアコンががんがん効いていると冷えますしね)、体温調節のしやすい格好で出掛ける。

などなど・・・。

 

私は1日1外出を心がけていますが、自宅にこもっている時間の方が長いので、カーテンを開けて窓際で過ごすとか、できることからやっていきたいと思います。

少し気分が落ちているので、無理せずに、できる範囲で、もうすぐ来る桜の季節を楽しみたいです。

 ↓ポチッとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村