転んでもただでは。

うつ病さんのブログです。闘病生活や、これまでの病気の経過、これからの展望などを綴ります。

うつ病さんのイラストブログです。

心のトゲトゲについて。

f:id:meisougirl:20170330111310p:plain

どきどきした出来事

少し前に、ジムでこんなことがありました。

30代くらいのお姉さんが、スマホで電話をしながら歩いていて、普通の声量で話していました。

「お札納めたら、交通安全のお守り買ってこようね~。」

私はそのお姉さんのすぐ後ろを歩いていたので、会話の内容を聞くともなしに聞いて、「あ~、私もお札納めなきゃ」なんてぼんやりと考えていました。

 

すると、お姉さんの前を歩いていた60代と思われるおばさまが、更衣室内に入ったところで唐突にくるっと向きを変え、お姉さんに向かって

「ちょっとぉ~~~、静かにして!」

と言いました。

 

無関係の私の方がどきどきしてしまい、お姉さんがどう反応するのか固唾をのんで見ていたら、彼女は、電話口の相手に向かって

 

「ババアがうるさいから、(電話)切るね」

 

とかなり大きな声で言い放ちました。

 

ひ、ひえ~~~~~!!!

女って怖い!!! (私も一応女だけど)

 

ここでけんかが勃発するかと思いきや、おばさまはまたくるりと向きを変えて、何も言わずに歩いて行きました。見ず知らずの人に注意しちゃえるような心の強いおばさまだけど、それでも「ババア」呼ばわりされて、心中はいかに~とはらはらしてしまいました。

 

とっさの言動と心の余裕

とっさの言動って、怖いな、と思いました。

お姉さんは、お守りを買ったりして神様を信じるような、きっと普通のどこにでもいるような女性で、特別へんてこな人じゃないと思います。ただ、突然注意されてカッとなって、つい考えるより先に言葉が出ちゃっただけなんだと想像します。

 

さっきまでお姉さんが電話の相手に向けていた何気ない普通の会話のトーンと、おばさまに向けた敵意のギャップが大きくて、私は無関係なのに、なんだか傷ついたような心持ちになりました。

鬱でお休み中の私は客観的に見たら平穏な生活を送っていて、他人と関わることがあまりないため、誰かの激しい感情にぶつかることは滅多にありません。そんな中、この出来事に出会って、ちょっと動揺してしまいました。

 

知人にこの話をしたら、

「ある意味どっちも勇気あるっていうか向こう見ずだよねー。きょうび、何が起こるかわからないのに。逆ギレして殴りかかってこられたらどうするつもりなんだろうな。言ってスカッとする快感なんて一瞬だけで、リスクばっかり大きいよな」

と言っていました。

確かに・・・。思わぬ事件に発展することだって考えられます。お姉さんも、おばさまも、心の余裕がない状態だったのかもしれません。

 

心のトゲトゲ

誰しもが、優しい感情とともに、心にトゲのある部分を持っていて、普段はちゃんとコントロールできているんだけれど、思わぬ不快な出来事にぶつかると、ぽん、とむき出しの「トゲトゲ」が出てきちゃうんじゃないかな、と思います。

 

鬱の酷かった頃、私の感情はかなり鈍化していました。うつ病になったきっかけはすごく理不尽なものだと頭では思っていたのに、そのことに対して怒りの感情もわいてきませんでした。トゲトゲがあっても、それを感じられないくらいに疲れ果てていたのだと思います。

少し回復してきた今でさえ、その理不尽な扱いについて思い返しても不思議なことに無感情です。これって、あまり健康的な心の状態ではないですね。

 

心のトゲトゲは、取扱注意だな、と思いました。お姉さんのようにむき出しにしたら危険な気がするし、私のように無視したら自らの健康をむしばむ。

考えてみると、心のトゲトゲは、傷つきと表裏一体だと思います。傷付きへの防衛反応で、思わぬ言動に出たり、なかったことにして抑圧したりしてしまう。

自分の傷つきにちゃんと気づけたら、そんな自分を抱きしめて、優しく扱ってあげることで、トゲトゲも柔らかさを取り戻していくんじゃないかな。

 

・・・なんて、乗りたいバスにタッチの差で置いて行かれて思わず「もう~!運転手さん~!(怒)」と口走った私が偉そうに言えることじゃないけど。

でも、無感情だった私がそんなことを言うようになるなんて、私の健全な(?)トゲトゲも、ちゃんと育ってきているようです。

 ↓ポチッとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村